• Fukuoka Interview #03
  • 好奇心と知識欲を強くして
  • 世の中に深く大きく役立つ喜び
  • SALES

    営業職

2018年
新卒入社
神戸本社 営業部 営業2課

西川 基明MOTOAKI NISHIKAWA

INTERVIEW

私の入社理由

就職課イチオシの将来性があるいい会社。

フクオカとの出会いは大学の就職課の紹介で、初対面は参加した就職説明会でした。就職課の担当者さんの推しがすごくて(笑)。「職場の雰囲気がいい」「会社がちゃんとしている」「将来性がある」「時代に沿った新規事業にも積極的」などなど、本当にかなりオススメされて興味を持つようになり、ネットで検索したりしていろいろと調べる内に、現在まで自分が「ダンボールを売る・買う」という感覚がなかったことに気付き、「普段意識していないもので世の中の役に立つ必要不可欠なものがあるんだ」と思って応募の意思を固めました。あとは、流通業の舞台裏を覗いてみたい好奇心と、会社が家から十数分の場所にあり自転車通勤ができることですね。

私の仕事のやりがい

普段身の回りにある物の背景に関われる嬉しさ。

「営業マンは飛び込みが大変」というイメージを持つ方も多いと思いますが、私の場合は既存のお客様を回って困っていることを聞く、という作業と新規開拓をそれぞれにバランスよく行って、テンポ感を出していく感じで業務に取り組んでいます。ヒアリングした現場の声を丁寧に分析して、お客様の要望に応えることができた時は大きな喜びを感じます。また、フクオカにはいろいろな業種のお客様があるので、食品、通販、工業系、工場の中とか、実際に作ってるところを見ることができたりと、工場見学的な楽しさもあります。もともと好奇心も知識欲も旺盛な方なので、「普段身の回りにあるものがどんな風に作られているのか」など、大変興味深く拝見しています。

これからの目標

整理整頓、身だしなみ、見積り依頼をもらったら素速く動く。

数年後には自分が仕事のことで質問する立場ではなく、質問されて答えることができ、客観的に状況を把握して動ける、周りを見渡せるような営業マンになっていたいです。現在はまだ先輩に助けてもらっているばかりなので。最初の目標は「この方面については詳しいぞ」という強みを身に付けたいと思っています。新卒一年生が終わる頃までには入り口を掴みたいですね。仕事をする上では、お客様に誠意を持って接することを大切にしています。普段から相手の立場や状況を想像して接するように心がけることをあえて意識すると、いろいろな事に気付かされ、自分のためにもなるなという実感もあります。

MOVIE

SPECIAL MOVIE

社員奮闘ムービー

フクオカに入社し、新たな風を吹き込むべく日々奮闘している先輩社員の姿を紹介します。
仕事をするやりがいや楽しさなど、生の声をお聞きください。

休日の過ごし方

休みの日は寝ることが大好きなので基本的に家でゴロゴロしています。携帯見ながら動画見る感じで、YouTube、お笑いのネタとかいろいろ。インドア派で一日出ない時もあります。趣味は友達と飲みに行く事。居酒屋で美味しい物食べながらビール飲んで喋ったりして楽しくリフレッシュします。話題は仕事の話以外で(笑)オフはオフでしっかり。

就職活動中の皆さんへメッセージ

学生の頃は特に何も考えずに毎日を過ごしていましたが、フクオカに入社して、予算達成や目の前の目標に向かって頑張ることの楽しさを知ることができました。淡々と業務をこなすだけではなく、お客様としっかり向き合うことで日々の営業にやり甲斐を感じています。先輩方も優しく、わからないところは理由からしっかりと教えていただけますし、会社の事務所はとても綺麗で過ごしやすいです。ダンボールの販売経験がある人なんて新卒ではいないので、何をしたらいいかわからない人も安心。みんな平行線から始められます。是非、フクオカで一緒に働きましょう。

OTHER INTERVIEW

その他のインタビュー